忍者ブログ
きおくのくさび
[26]  [24]  [23]  [18]  [17]  [16]  [15]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かくしてス-パー前での感動?の再会と相成りましたとさ。

目の前には白帽子の【真面目そうな】お嬢さんが、ちょこんと
立っておられました。
その横で携帯を操作している眼鏡の方。
うつむき気味であまり興味なしといったご様子・・・


(怒ってる・・・?)


この方がYOUKIさんだと思うが・・・
迷って待たせたから怒っているのかな。
だとしたら冴子さんらしきこの方の笑顔はなんだ。




怖え!
なんかすげえこええぇぇ!!




探り探り話すもYOUKIさん、冴子さんもあまりこちらに
目を合わせない・・・
この時YOUKIさんは緊張していて目を合わせられなかった
との事。
そういえば私も緊張してもおかしくないはずだったのですが
迷子になったおかげで緊張感が吹き飛んでいました。
会えた事の安堵の気持ちが強かった。


合流し、コバソさんをじばし待っていたのですが、
外は寒いのでス-パーで買い物をしながら待つ事に。
私は米を炊くぐらいの自炊しかしないので鍋という
簡単な料理の、とりわけ分量がさっぱりわからない。
と言い訳しつつ、カートを押しながらあれこれ食材を
ぶち込んでいるとひょっこりコバソさん登場。
ああ、確かに目の動きやらでこの人だとわかるものだと
納得しました。


これで全員そろったわけで、買い物続行~
カートを押す私。
食材を選ぶコバソさん。
どっかいった女性二人。
この間数分ですが、男二人で買い物しているその絵に
ねえよ
と心の中でつぶやいておりました。


さて買い物袋にしこたま酒を買い込んでコバソさん宅に到着。
私のアパートより広かったです。
コタツにテレビで鍋を食う。
なんという黄金パターン。
料理は家主とYOUKIさんが作ってました。
なんか手際がいい。
鍋出来た、米がない、先に食う、酒が入る、鍋うまい、満足感


ピ――――


米が炊けたよ。
なんか色々と楽しい一時でした。
他愛も無い話、主に私の話は内容が思い出せないぐらいで
したが、しらけてはいなかったはず、そうに違いない。
おバカ話に花を咲かせ、各々のサイトを覗き時間は過ぎて
いくのでした。
YOUKIさんも、ようきになり笑う、突っ込む、サイトを更新する。
早ええ、あっという間に先ほどの鍋が記事になっとる。
早ええ、冴子さんがお酒3缶目開けとる。
コバソさん、私は空気。


YOUKIさんは夜間バスにて帰宅の時間が。
なんという過密スケジュ―ル!
ようやく見つかったタクシーに、どこぞのセレブのように乗り
込まれ去っていきました。
私から二言。
惜しい、せっかくエンジンがかかった所なのに。
それから顔赤かったよYOUKIさん。


バスの中でもサイト更新する猛者と別れ、少し寂しくなった
部屋でさらなるカオスが。


それはこの次。
いったん投稿。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< オフ会3 HOME オフ会 >>
プロフィール
HN:
Syoujin
性別:
非公開
自己紹介:
つよいよ
かっこいいよ
ふさふさよ(づらちがう)
お求め安いお値段
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]