忍者ブログ
きおくのくさび
[99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 

隣国の侵略に王国が脅かされていたその時、巨大な紅蓮の炎を
吹き上げる竜を従え
第三王子ゼオは帰還した


王国は恐怖で彼らを迎えた。
その恐怖は竜にではなく、他ならぬゼオに対して向けられた
ものであった。
それもそのはず、火竜討伐の名目で側室の子であったゼオを
亡き者にしようともくろんだ王妃首謀の元、
第一第二王子派閥の貴族一派の仕組んだ陰謀が
まさかこのような形で覆されるとは露ほども
思っていなかったからである。
とはいえ隣国同盟国からの突然の侵略に足並みを崩され
篭城戦を強いられた王国にとって、ゼオの帰還は
予想外の朗報となった。


いともたやすく兵士を切り裂き、塵に変え荒れ狂う竜。
そこには敵味方の区別など存在しなかった。
まともに戦場に立っていられる者はゼオただ一人という有様で
ある。
その異様な光景と威風堂々としたゼオの姿に、しだいに人々は
熱狂し彼を竜帝、竜すら従える王の中の王と呼びはじめた。
貴族たちもゼオの力に脅威を感じ、ゼオこそが次期国王だと
寝返る者も現れ、ゼオは最有力国王候補となっていく。
しかし・・・


ゼオの心には一つの強い感情があった。
現王国への復讐。
自分を蔑み亡き者にしようと
したもの達への復讐。
火竜討伐の際、命を落としていった部下たち、そして軟禁され
惨めな最後を迎えた母の復讐。


討伐の日、自分を亡き者とする策と知りつつ、行かねばならない
その身に最後までついてきた、彼を慕う部下たち。
瀕死の部隊は火竜の前にたどり着くも、竜と一戦交える
力はすでに無く、死は確実のものとなっていた。
ゼオは狂ったように笑い、竜に己の身の上を嘆き、怒り叫んだ。
「さあ喰らえ、次に生まれる時こそは貴様のように強靭で誰にも
縛られぬ自由な獣に生まれてやる」と。
すると驚いた事に頭の中に言葉とも感情ともつかないものが
響いてきたのだ。
(永遠の自由とは退屈なもの、お前には燃え盛り消えていく
劫火の如き輝きがある。)


ゼオは言った。
「ならば退屈な時を生きる獣よ、お前にひとときの遊戯場を
くれてやる。
焼き尽くせ、喰らい尽くせ、全てをお前の戯れとするがいい。」





沸き起こる歓喜に炎を躍らせ、獣は咆哮を上げた。

 


竜のおっさん 完成。
途中急いだのでやり残しがあるような無いような。
pixivの企画に便乗したので期限に追われた感じです。
ペンタブかなんか貰えるかもという卑しい心で。
企画用の絵でもなんでもなく、今まで通り好きな絵を
描いただけですが。


例によってサイズは小さく加工。
元画像はJPEGで7Mほどありましたが、あのサイトは8Mまで
いけるみたいでした、私みたいなのがいるのかあそこには。



紅蓮の剣は竜の顎の牙(絵の中の折れているところ)
を加工したもの。
盾は左手に構えると火竜の頭が外に向くよう紋章は
描かれている。
これは気を許してはいけないという戒めの印あり、迂闊に背を
許すと敵諸共、灰にされてしまう危うい対立関係を表した
左右逆向きの紋章になっている。


のは後付けで実際は左右の向きを間違えた。
左手に盾を持ったとき、紋章の竜の頭がソッポを向いた形に
描いてしまって非常にしっくりいかない気持ち悪さが出てしまう
事に描いてから気がつきました。
絵の構図が竜も人も同じ方向を向いてしまっているので
バランスをとる為に盾の紋章の向きを逆にしたのがマズかった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Syoujin
性別:
非公開
自己紹介:
つよいよ
かっこいいよ
ふさふさよ(づらちがう)
お求め安いお値段
リンク
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
忍者ブログ [PR]