忍者ブログ
きおくのくさび
[168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




どうぼ、ぎょうもげんぎな、SyOuJinでず
ごのヴぇはもどもどぶだつでひどずの・・・


えーと、はい、風邪ひきました
もう一週間ぐらいになりますでしょうか、治りませんね


今回描いた絵、「魔帝降臨」という題名(左の絵青い方)は
さらに昔に描いた右の絵「赤の深淵」と対の絵でした
元々は「青の胎動」と「赤の深淵」という題名
設定が長すぎて、伝えるには長い長い説明が必要なのです








このファンタジー世界では、人間が魔法を使えるのは
異形の者の力を借りているという設定があります
異形の者達は時に信仰の対象として、神とも呼ばれるわけです


が、ある時人間は、一時的に力を借りる魔法を
永久的に欲し、異形の者を人間界に呼び出し捕えてしまいます
魔力を搾り取るという搾取、「魔力狩り」の始まりです
その祭壇として「赤の深淵」(右絵の上方、赤い逆さプール)
という異界とつながる空間トンネルを作ります


異形の者は絶大な力を持っているのですが、呼び出された際に
時空壁で皮膚を裂かれ力の大半を失い、
その姿は醜いものとなるのです
半死半生の絞りカス扱いで、彼らは魔物、魔族と呼ばれました


異形の者達と人間との戦争がおきるのですが、歴史は常に
人間の勝利となりました
それが勇者と魔族(異形の者)とのお話なわけです
そして魔王(異形の者の王)が封印(人間界に捕えられる)


魔王は精神体のようなもの(魔力そのもの)で、
人間に安定した魔力を供給できる永久機関となりました
めでたしめでたし
ちなみに、魔王のイメージは穏やかな女性


数百年に一度、赤の深淵が開き、魔物が地上に現れる
封印された魔王復活させ、人間を根絶やしにする為に・・・
あるいは


数百年に一度、赤の深淵が開く
通る者の身を引き裂き、力を奪い尊厳すら踏みにじられる
人間が作った忌まわしき魔力狩りの門
しかし、捕えられた我らが王を取り戻す為なら、喜んで
この身を捧げよう
王よ、我らと共に故郷に帰りましょう




「青の胎動」は異形の者達が今まさに人間界へと進む姿を
「赤の深淵」は門をくぐり、引き裂かれ醜く変容した異形の者達が
待ち構える勇者達と闘い、王を取り戻そうとする姿を
二つの絵を見比べると、どちらにも四本の角と四本の腕の
クリーチャーが、そう、同一人物です


ねっ、伝わらないでしょう
題名も「魔帝降臨」と変えて独立した絵として変更なのが
ちょっと名残おしい



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 雑煮うめぇ HOME 魔帝降臨 >>
プロフィール
HN:
Syoujin
性別:
非公開
自己紹介:
つよいよ
かっこいいよ
ふさふさよ(づらちがう)
お求め安いお値段
リンク
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
忍者ブログ [PR]